車番認識システム NXEYES(エヌエックス・アイズ) SuperNX(スーパー・エヌエックス)|車検が売れる!油外が売れる!セールスなしでどんどん売れる!

システム紹介

ハードウェア

〈基本システム〉

デジタルIP力メラの搭載と独自の来店検知機能により、
高速かつ高精度な処理を可能にしました。

カメラは毎秒1回、すべてのレーンを同時撮影しています。NXEYESは撮影された画像を瞬時に解析して、車両の来店や退店を検知します。この連続撮影方式はSS用に開発された独自の検知アルゴリズムでラッシュやキャンペーンなどで、どんなに混雑した状態でも、障害物の動きに影響されす、正確な車の動きを把握できるのが特徴です。

<認識精度が高い理由>

図のように、例えば人が障害物となってナンバープレートが撮影できなかったとしても、毎秒1回の撮影で確実にターゲットを補足できます。また独自の画像分析技術で停車したかどうかの確認まで行いますので、停車レーンの間違いが発生しません。
人の多い混雑時やフルサービスSS、あるいは給油レーンの通り抜けなどが発生しやすい大型SSでも、高い信頼性を確保します。

【NX-PC】

専用のハイスペック・カスタマイズPCを使用。画像解析、顧客マスタ自動生成や、設定条件に基づく接客指示、オンデマンドチラシ作成などをこなす、NXEYESの司令塔。

 

SSに設置された1台のPCで
次のような処理を行います。

●カメラから撮影された画像データの解析、車番データ化

●車両管理マスクの自動生成

●来店履歴、画像データの保存

●来店客を特定し、過去の来店履歴、サービス履歴を照合した上で、条件判断し、接客指示決定

●接客指示内容をプリンタ(指示書印刷)、コールウォツテ(表示・振動)に出力

●車両情報や来店情報などを解析して、顧客ごとに最適な内容のチラシを作成して出力

 

以上の処理を常時行いながら、それぞれの来店客に対して、わすか最短5秒でコール条件の判断、指示を実行します。 そのためのベースマシンとして作動するPCには、製品出荷時にNXカメラ接続用増設ボード、発信器シリアルコードナンバー付与、メモリ強化等のカスタマイズを加えた専用のハイスペック・カスタマイズPCを使用します。

【NXコールウォッチ】

接客すべき顧客が来店するとバイブレータ機能が作勤し、
液晶ディスプレイにレーン番号と接客手順を表示

NXコールウォッチは腕時計型コール信号受信機です。NX-PCが来店車両をコール対象であると判断したら、発信機を通じてコールウォッチに無線信号を送ります。これを受けたコールウォッチは、内蔵バイブレータを作動させると同時に、液晶ディスプレイ画面で給油レーン番号と接客指示コードを交互に表示します。さらに、接客内容によって、呼び出し対象スタッフを変更することも可能です。無線信号は、半径150~200m内外という十分な 通信距離を確保しています。

【NXプリンタ】

NXコールウォッチと同期して、接客指示書を高速印字

NXプリンタは、接客対象が来店した際に接客内容指示書を印刷します。指示書にはカメラから読み取られた車両ナンバー等があらかじめ印字されていますこの指示書は後でサービス記録の入力票として利用します。

【NXオンデマンドプリンタ】

顧客ごとに異なる内容のチラシや見積書を
来店と同時に高速印刷

おすすめすべき商品は?優先順位は?車種別適合規格は?適合サイズは?見積価格は? オンデマンドチラシ印刷機能を利用すれば、プロフェッショナルなセールスマンに要求されるこのような瞬時の判断と高度なアクションが、車両カタログと高度なアクションが、車両カタログ情報やパワフルな来店履歴データベースとの連携により、新人のアルバイトでも簡単に行うことができます。

NXEYESのお問い合わせはこちらから